‘2017/07’ カテゴリーのアーカイブ

母乳がなかなかでない時の対策

2017/07/31

母乳がなかなかでない時の対策は、食事法と水分摂取が大事になってきます。なぜなら、母乳の成分はほとんど水分でできているからです。授乳期間中、制限が色々あるので、どうしても食事量が減ったり、水分不足で母乳量が減りがちです。そうした中、母乳がなかなかでなくなることがあります。対策としては、米や根菜類をしっから摂り、水分をたくさん摂ることです。これらの方法を駆使しても改善されない場合は、粉ミルクを赤ちゃんに飲ませてあげることです。手元にある糖分や、水分を補えるものを飲ませてあげてもかまいません。粉ミルクでも赤ちゃんは健康に成長するので、母乳がなかなかでない場合でも、焦る必要はありません。粉ミルクがない時は、ご飯を炊く時、お米の真ん中に空っぽの湯呑みを入れて炊けば、湯呑みの中に栄養価の高いオモユが溜まり、それがミルクの代わりになります。要するに、どうしてもダメなら、母乳での育児はあきらめることです。赤ちゃんの体重増加に注意しながら、粉ミルク等で赤ちゃんを健やかに育てていけばいいのです。母乳にこだわり続け、赤ちゃんが栄養不足になってしまうことが一番怖いです。
クレンズフード

セロトニンを増やす生活をしよう

2017/07/12

ストレスを解消したり、幸せを感じたりする成分である「セロトニン」。
このセロトニンを増やすことで、心理的な健康を得ることができるとされています。

さてそれでは、このセロトニンを増やすためにはどうすればよいのかというと、
まず一つ目に「良い睡眠をとること」があります。

良い睡眠はセロトニンを多く分泌し、ストレスの解消や疲労の回復に役立ってくれます。

そして二つ目に、「深呼吸」があります。
深呼吸をすることでより多くのセロトニンを体内に取り入れることができますから、
それによって全身により酸素がいきわたり、いきいきできるというわけです。

そして他には「軽い運動」をするという方法もあります。
その例としてはウォーキングなどがあります。

軽めの運動はセロトニンの体内での分泌を高めることが出来、同時に朝に屋外で運動をする場合には、
太陽の光を浴びることによるセロトニンの分泌効果がありますから、一石二鳥ですね。

その他には「ストレッチ」というものもありますよ。
セロトニンを増やすためには、基本的には「健康的・理想的」な生活をすることが有効だというわけです。
睡眠薬を使わない不眠症の治し方と不眠のタイプ