‘2014/06’ カテゴリーのアーカイブ

今年(2014年)の6月で、ETCの割引制度が無くなる

2014/06/16

今年(2014年)の6月で、ETCの割引制度が無くなる、高速道路の沿線に住んでいる者で、休日や暇な時間を利用してはETCの割引を使って、常に高速道路を利用して車を走らせていました。
勿論、ETCを使用するキッカケとしては、先ずは現在の安倍政権以前の民主党政権の時代に、ETCを利用した割引制度が多いにもてはやされた時期でもあり、各種のETC割引制度が有ったことです。
先ず一番の驚きが休日などの割引は何処まで行っても、オール1000円と言う時代がありました。
その後は、国や道路会社の事情もありまして割引制度には若干の変動があったようですが、それでも、休日である土、日曜日及び祝祭日には勿論オール時間帯が5割引の対象になっており、又、平日の時間帯でも「通勤割引」という制度もあり、時間帯としては、夕刻は5時から8時まで、朝は6時から9時までで、これは何れも100km圏内になりますが、これを上手に二枚利用すると全ルートのほぼ200kmが5割引になっていたのです。
ところが自民党政権になってからのETC割引が次第に影をひそめ、今年の4月からは休日を除いて3割や5割引が無くなり、更には今年(2014年)の6月中には全廃することが決まってしまいました。
但し、他の条件付きにおいては割引制度は残るようですけど、一般の行楽に行ったり長距離の旅行者などは、すっかり恩恵に与れなくなってしまいました。
全く、我ら庶民にとってはとんでもない事になってしまって、こうなると何のためのETCか疑問を感じているところです。

引っ越しを安くあげるには

2014/06/09

もし、引っ越しをするにあたって安くしたいのであれば、次のことに気を付ける必要があります。
まず、午後の便を指定すること。
午前中に別の引っ越しを終えた作業員とトラックが来るので、開始時間は昼以降と遅くなりますが、基本的に午前便よりは安いです。
経済パック(自分で梱包)にすること。
あたりまえのことですが、梱包してもらう「らくらくパック」と「経済パック」は3万円位違う所もあります。
テレビや、パソコン、電化製品、家具等は引っ越し業者が梱包してくれますので、それ以外ダンボールに入るものだけを梱包すればよいので、それほど大変ではありません。
食器などを包むのに苦労しますが、見ず知らずの人に無造作に梱包されるよりも自分で梱包した方が安心という利点もあります。
業者によって料金はまちまちです。
一般的に運送業者が行っている引っ越しサービスは料金が安いようです。
ただ、作業員が日雇いアルバイトだったり、トラックが自社トラックではないなどのことがありますが、気にならなければこちらの方が安く上がりそうです。
自分にあった業者を見つけることが大切だと思います。

車が欲しいですね

2014/06/08

私はまだ運転免許証を持っていないのにも関わらず、車が欲しいなと思っています。
運転免許証もないのに車が欲しいと思うのはちょっと変だなと思う人も多いかもしれません。
でも、それでも欲しいという気持ちは変わりません。
やはり、車はかっこいいですから欲しいのです。
でも、どんな車を買えばいいかなということは悩みます。
せっかく高いお金を出していい車を買うのですから、乗り心地が良くてデザインも良いものを選びたいなあと思います。
ワゴン車などでしょうか。
友人や家族とゆったり乗れるのものいいなあと思います。
四輪駆動でパワーがあるものがいいですね。
山道をスイスイと登っていくものがいいです。
車は新車もいいですけれど、中古車でもいいなと思います。
高い値段をかければいいものが手に入るとは限りません。
私はあまり収入が多くないので、中古の安い物を買うのでも良いと思っています。
でも、大切にしようという気持ちがあればいいのではないでしょうかね。
愛着というものがわけば乗っているだけでも楽しい気分になりますからね。
そう考えると車は値段じゃないと思います。
もちろんお金がたくさん手に入ればすっごくかっこいいスポーツカーを買いますけれども、それは最終的な目標です。
まずは免許証を取らないとなあと思いました。
カーセブンの車買取りの評判

買ったばかりなのに!

2014/06/04

18歳で車の免許を取得した私。
バイトをして貯めたお金で軽自動車を購入しました。
嬉しくて嬉しくて、丁寧に車庫入れをし運転中も気を付けて運転していました。
それから3カ月ほど過ぎた頃、いつものようにガソリンを入れにスタンドに寄ることにしました。
私は自分で入れるのは不安なので、いつも入れてもらえるスタンドに行くことにしています。
そして普段通りスタンドに到着。
するとスタンドで働く男性が大声で何か叫んでいます。
そして私に向かって必死に手を振っています。
私は「え?何?」と思いブレーキを踏みました。
そして窓を開け「何?」と聞くと「車、こすってますよ」と・・・。
すぐに車から降りて見てみると運転席とは反対の車の前方部分が傷だらけに。
コンンクリートでこすっていたのです。
ものすごくショックで茫然と立ちすくみました。
まだ買ったばかりなのに・・・。
その男性は「もう少し早く僕が気が付いていれば良かったのに。すみません。」と謝ってくれたのです。
全て私の責任なのに。
車は次の日友達の修理工場に出して、綺麗に修理してもらいました。
あれから3年。
すごくショックな出来事でしたが、そのお蔭で彼氏ができました。
お相手は謝ってくれたスタンドの男性です。
そしてその彼ともうすぐ結婚します。
車を売る