母乳がなかなかでない時の対策

母乳がなかなかでない時の対策は、食事法と水分摂取が大事になってきます。なぜなら、母乳の成分はほとんど水分でできているからです。授乳期間中、制限が色々あるので、どうしても食事量が減ったり、水分不足で母乳量が減りがちです。そうした中、母乳がなかなかでなくなることがあります。対策としては、米や根菜類をしっから摂り、水分をたくさん摂ることです。これらの方法を駆使しても改善されない場合は、粉ミルクを赤ちゃんに飲ませてあげることです。手元にある糖分や、水分を補えるものを飲ませてあげてもかまいません。粉ミルクでも赤ちゃんは健康に成長するので、母乳がなかなかでない場合でも、焦る必要はありません。粉ミルクがない時は、ご飯を炊く時、お米の真ん中に空っぽの湯呑みを入れて炊けば、湯呑みの中に栄養価の高いオモユが溜まり、それがミルクの代わりになります。要するに、どうしてもダメなら、母乳での育児はあきらめることです。赤ちゃんの体重増加に注意しながら、粉ミルク等で赤ちゃんを健やかに育てていけばいいのです。母乳にこだわり続け、赤ちゃんが栄養不足になってしまうことが一番怖いです。
クレンズフード

コメントは受け付けていません。