今年(2014年)の6月で、ETCの割引制度が無くなる

今年(2014年)の6月で、ETCの割引制度が無くなる、高速道路の沿線に住んでいる者で、休日や暇な時間を利用してはETCの割引を使って、常に高速道路を利用して車を走らせていました。
勿論、ETCを使用するキッカケとしては、先ずは現在の安倍政権以前の民主党政権の時代に、ETCを利用した割引制度が多いにもてはやされた時期でもあり、各種のETC割引制度が有ったことです。
先ず一番の驚きが休日などの割引は何処まで行っても、オール1000円と言う時代がありました。
その後は、国や道路会社の事情もありまして割引制度には若干の変動があったようですが、それでも、休日である土、日曜日及び祝祭日には勿論オール時間帯が5割引の対象になっており、又、平日の時間帯でも「通勤割引」という制度もあり、時間帯としては、夕刻は5時から8時まで、朝は6時から9時までで、これは何れも100km圏内になりますが、これを上手に二枚利用すると全ルートのほぼ200kmが5割引になっていたのです。
ところが自民党政権になってからのETC割引が次第に影をひそめ、今年の4月からは休日を除いて3割や5割引が無くなり、更には今年(2014年)の6月中には全廃することが決まってしまいました。
但し、他の条件付きにおいては割引制度は残るようですけど、一般の行楽に行ったり長距離の旅行者などは、すっかり恩恵に与れなくなってしまいました。
全く、我ら庶民にとってはとんでもない事になってしまって、こうなると何のためのETCか疑問を感じているところです。

コメントは受け付けていません。